借金返済 ブラックリスト

借金返済とブラックリスト

 

借金の返済が滞ると「ブラックリストに名前が載る」という噂を聞いてことはありませんか?
ブラックリストというのは何のことで、どんなデメリットがあるのでしょう。

 

「ブラックリストに名前が載る」とはクレジットカードの返済が滞ったり、任意整理・自己破産などの手続きを行った場合、信用情報機関に登録されてしまうことを言います。
つまり、「この人は借金を返さなかった過去があります。」という記録が文字として残るのです。

 

そしてブラックリストに名前が掲載されると、新たな借金はもちろん、クレジットカードでの精算も出来なくなることです。
住宅ローンはもちろん、カーローンや教育ローンも組むことができないので、何を買うにも何をするにも現金を用意しなければならないのです。
冷蔵庫や洗濯機などの高額な家電でも現金で買うとなると、かなり負担がありますよね。

 

しかし、一生そうというわけではありません。
信用情報機関に名前が登録されてしまった場合でも、一定期間を過ぎると自動的に削除されます。

 

信用情報機関にはいくつかありますが、だいたい5〜10年で削除されるようになっており、この期間をすぎると再びクレジットカードを作ったり、ローンを組むことが出来るようになります。

 

しかしその時は、借り入れも返済も計画的に行ってくださいね。

トップページ > 借金の返済が出来ないときにはじめにすること